スポンサーリンク

第3回刹刃VGCSで起きてしまったことについて

昨日第3回刹刃VGCSにご参加くださった方、
告知ページをリツイートくださった方本当にありがとうございました。

そしてこの度は本当に申し訳ございませんでした。

この記事は第3回刹刃VGCSで起こしてしまったこと、問題点、反省点、次に活かそうと思う点について書こうと思います。

なるべくはやく皆様にお伝えしたほうがいいと思い、
もちろんここにあることがすべてではないですが記事の公開をさせていただきます。

これは昨日行われた第3回刹刃VGCSの大会概要などが載っているイザジンページです。
https://www.izazin.com/taikai/87415470

この参加賞の部分に記載のある「公式サポート」についてですが、
運営が公式サポートの申請を失念していました。

その結果、「公式サポートの賞品」をプレイヤーの皆様にお配りすることが出来ない事態となってしまいました。

プレイヤーの皆様には「公式サポート賞品」をとても楽しみにして、
CSに参加してくださったプレイヤーも多いかと思います。

それが発覚してからすぐに次の予選のラウンド開始前に謝罪をさせていただいたのですが、改めて文書でも謝罪をさせてください。

刹刃VGCSは、皆様に競技性を持ちながらも楽しくヴァンガードを遊んでいただくため場所を提供したい開催しています。
にも関わらずこのような結果になってしまい誠に申し訳ございませんでした。

せめてもの誠意としまして、
どうにか人数分のサポート賞品を用意していただけないかということを、
ブシロード様のユーザーサポート窓口のほうに電話とメールで問い合わせをいたしました。

通常ユーザーサポートへメールなどを送ると3~4日ほどで返答が返ってくるようなのですが、
公式サポートの申請はそのイベントへの審査がはいるため、
1週間から1週間半くらいは時間がかかるということでした。

この結果に関しましては返答があり次第、
おって皆様にご報告をさせていただきたいと思います。

本当に申し訳ございませんでした。

もちろんその返答次第では納得いただけないプレイヤー様もいらっしゃるとおもいます。
それにつきましても、返答があり次第またあらためて記載をいたしますのでもうしばらくお待ちくださいませ。

第3回刹刃VGCSでの反省点は主に

・ルール変更
・ゴミの問題
・当日の受付方法、時間について

などなど大きいところでもこのくらいはありました。

概要告知などのページを出して、さらにエントリーを募ってからのルールの変更についてはかなり慎重にいこうというのが第2回の時からの反省点でもありました。

そんななか第3回刹刃VGCSをよくしようと発売直近のバミューダのみ同名ノーマルユニットをチームで4枚までしか使えない制限で複数人が魚を使える特別ルールはどうだろうというかという提案をいただきました。

確かに、
バミューダのデッキタイプは複数存在し、どれも異なった動きをしておもしろそうだなっていうのが率直な感想でありました。

ですが、それと同時に当たり前のことですがもともと記載していたルール(クラン被りなし)前提での調整を行っているチームがほとんどであることや発売がかなり近づいてからの変更でカードを新たにそろえなくてはいけないことなど、

いろいろ良い点、悪い点が浮かびました。

そこで刹刃VGCSの公式のアカウントでアンケートを取ったのですが、
文書の書き方的にバミューダ以外も複数クラン被りが許されるとも受け取れる文書になってしまったこと、

そして何よりもそのアンケート結果に反映されるべきである、エントリーしてくださったプレイヤーの意見が1番に反映されないという点を考慮し

エントリーいただいたチームの代表者様にDMにて個別にそのチームの意見として1票を入れていただくというアンケートをおこないました。

以下、実際にお送りさせていただいたDMの文章です。

刹刃VGCS運営です。
12月22日に開催される第3回刹刃VGCSについてのアンケートを刹刃VGCS公式のTwitter(@setsujinvgcs)で行ったのですが、
運営の意図した意味で伝わらなかったことと刹刃VGCSに参加して下さるプレイヤーの意見を1番に尊重できていないということで 個別にアンケートをお送りすることに致しました。
以下、アンケート内容です。
12月20日発売のバミューダのカード情報が続々と公開されている中、
バミューダ内で複数の軸が存在しどれかひとつしか使えないのはどうなのかという意見がありました。
第3回刹刃VGCSがバミューダ発売直後ということもあって、
「第3回刹刃VGCSにてバミューダ△のみチーム内で同名のノーマルユニット4枚まで使える」 という特別ルールはありかなしかどちらでもよいかをお聞きしたいと思います。
① あり ② なし ③ どちらでもよい
チームの中で意見をまとめた上で回答をお願いいたします。
概要に記載していた「クラン被りはなし」を基本として、
もし① あり が数多くみられる場合は、
特別ルール適応も視野に入れています。
もちろん回答を公開することはありません。
またなるべくはやく結論を出した方がいいと思いますので、
回答は13日(金)の21時までとさせていただきます。
それまでに回答がなかった場合、
誠に勝手ながら「③どちらでもよい」を選んだということになりますのでご了承くださいませ。
それでは今後とも刹刃VGCSをよろしくお願いします

これが実際に送らせていただいたDMになります。
この結果、今回はクラン被りなしという当初の告知通りのルールでの開催となりました。
もちろん被りありでやりたかったというチームもありましたし、
最終的にはどちらかになるわけですので、
片方の意見をもったプレイヤー様にはそれを呑んでいただくということにはなってしまうのですが、
個別に参加チームに送ることの利点として、
より当日参加してくださるプレイヤーのニーズに近いものになりやすいという点では、今後も既にエントリーチームをつのったうえでのルール変更についてはチーム代表者様にDMにてアンケートを送るという方法は今後も使えるのかなと思います。

次に空調設備とゴミの問題についてです。

今回から刹刃VGCSの会場が横浜西公会堂から青馬堂書店矢向店様になりました。
設備や広さなどだいぶ変わったとはいえ、今回もゴミの問題がでてしまいました。
横浜西公会堂の場合、
会場にゴミ箱がないため基本的にゴミは各自持ち帰りということになっていたのですが、
悲しいことに飲みかけのペットボトルやサンドウィッチのゴミ、パックのゴミ、などなど数多くのゴミが会場に放置されていました。

また、もうひとつ多かったゴミとして当CSが毎回サブイベントとしておこなっているビンゴ大会のカードのゴミです。
ビンゴ大会、毎回好評をいただいていて続けているのですが、
決勝トーナメントが終わって閉会式の前におこなうという時間の関係上、
どうしても開催が19時近くになってしまうため、
全てのプレイヤー様にご参加いただくということは難しくなってしまっています。

ほかのCS様より開始時間などがはやい理由をご質問いただくことがあるのですが、
なるべくビンゴ大会の時間を遅くしないようにという意図があります。

どちらにせよ時間的にビンゴ大会に参加できないプレイヤー様や会場まで遠いプレイヤー様にご負担をおかけしてしまうことになってしまうのですが、

次回から決勝トーナメントのみ相談ありとして、シングルマッチにしようかという案が運営ないででています。

これですと、
1本の時間が相談することにより増えてはしまいますが、
2本/3本とやるやりは多少なり時間の短縮につながり開始時間を遅らせる、
もしくは終了時刻をはやめることができるということになります。

デメリットとしては、
決勝トナメにあがれたのに、
手札事故などによって試合にならずに終わってしまうということが少し増えてしまうかなという気がする点です。

この決勝トナメをどうするかということはこれからも運営の中で議論を重ねていきたいと思っています。

少し話がそれてしまいました。
ビンゴ大会のカードは第1回第2回ともに予選ラウンドの試合開始前にお配りしていました。
先ほども述べたようにビンゴ大会の開始時間はどうしても遅くなってしまうため、参加したくても参加できないというプレイヤーがでてしまっています。

アナウンスの方で、
ビンゴ大会より前にお帰りになられる方はビンゴカードの方はほかのゴミとは違い運営で回収しますよとは言っているのですが、
カードをその辺に捨てていってしまうという事例が結構おきていました。

そのため、
今回から運営でビンゴ大会の時間が近くなってきたタイミングで、ご挨拶回りをさせて頂くのと一緒にCSに参加してくださった方にカードをお配りするという方式にしてみようということになりました。

これによりビンゴカードのゴミが散らばっているということは回避できました

しかしゴミの問題で会場が今までの西公会堂から青馬堂にかわりべつの問題がおきてしまいました。

それはゴミの分別です。

青馬堂さんはご厚意としてお店でゴミ箱をおいてくださっています。

神奈川県は特にゴミの分別が厳しいのですが、
燃えないゴミが燃えるゴミに入っていたりペットボトルが燃えないゴミに入っていたりと、
お店にご迷惑をおかけしてしまうという結果になってしまいました。

今後さらにアナウンスを強化し、見かけた際には注意をするなどを徹底するということが今回の数ある反省点のうちの一つになります。

次に当日の受付方法や時間について。

今回、受付時間を10時15分から10時30分と通常のCSより極端に短い設定にしました。
そもそもの営業時間が10時であるため、設営に15分はかかってしまうかもしれない。
また前のビンゴ大会のところでも記載したようにイベント終了時刻をなるべくはやめたいということでこのようなギリギリな設定になってしまいました。
そのほか、今回ほどではないですが第1回第2回とほかのイベント様よりももしかしたら短い受付時間を設定していたにもかかわらず、
スピーディーに受付を行ってくださったということもあります。

また時間を長くしても受付をなかなかして貰えないのではないかということも考えてこういう設定にしました。

当日は会場を通常の営業時間10時より30分はやめていただいたことと設営を手伝ってくださった方たちのおかげで実際は10時5分頃から集まっている方たちの受付を開始することが出来ました。

本当にありがとうございました。

この受付時間はプレイヤーの皆様に焦りをうんでしまいよくないことであると思います。

こちらも次回以降考え直すべき点であると考えています。

このようなことが今回のCSで起きたことです。

初めのほうにも記載したように
刹刃VGCSは、
皆様に競技性を持ちながらも楽しくヴァンガードを遊んでいただくため場所を提供したいとおもい開催をしてきました。

せっかく純粋にヴァンガードを楽しもうと集まってくださったプレイヤーの皆様の気持ちをこのようなかたちで裏切ってしまう結果になってしまい

本当に申し訳ございませんでした。

このような結果になってしまったのにもかかわらず、
会場やメッセージで温かい言葉をかけてくださるかたもいたり

本当にこのイベントはこんな未熟な運営を皆様が支えてくださったからこそやってこれたんだということを
身にしみて感じています。

ほんとうにありがとうございます。

二度と皆様のヴァンガードを楽しもうという気持ちをうらぎるようなことがないよう、

誠心誠意努力いたしますので、

刹刃VGCSをどうかよろしくお願いいたします。

刹刃VGCS運営 み刹 やいば

刹刃VGCS
スポンサーリンク
misetsublogmasterをフォローする
み刹家なう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました